日本での人気が高まっているフィリピン留学の魅力

フィリピンは公用語が英語であり、小学校から子供たちはほとんどの授業を英語で受けています。

フィリピンは東アジアで最大の英語国家であることから近年日本からもフィリピン留学に対する人気が高くなっています。これまで語学留学といえばアメリカやイギリスなどが主流でしたが、これらの国々へ留学することは莫大な費用が掛かるのが普通でした。物価も日本とほとんど変わらず、渡航費も高額になるため、学費以外にも生活費などの諸費用がかなり高騰するのは仕方のない事でした。しかし日本から距離的にも近いフィリピンは、物価が安く、滞在にかかる費用や交通費を抑えることができます。

さらに物価の安いフィリピンに学校を建設することで、授業料も低く抑えることができるうえ、人件費も欧米よりもはるかに安いため、マンツーマンの個人レッスンをたっぷりと受けることができるのがフィリピン留学の最大の魅力です。しかし、フィリピンの人々にとって英語は公用語ではありますが、生まれた時から話している母国語ではありません。フィリピンにはタガログ語などをはじめとして多数の現地語があり、フィリピン人同士の普段の会話は現地語がつかわれており、英語ではありません。

そのためフィリピン人の英語はネイティブスピーカーのような訛りの無い英語とは異なります。しかし日本人がどこで英語を学ぼうと、日本人なまりの英語になるのは確かで、フィリピンで英語を学んでもフィリピンなまりの英語になるわけではありません。そして、英語の習得に完璧な発音が必ず必要なわけではありません。そのため、英語を使って世界の人々とコミュニケーションをとれるようになるためにはフィリピン留学はとても魅力ある選択だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *