目的別に魅力の多いカナダ留学

語学留学先としては日本からは14パーセント程度のシェアとなるカナダですが、留学スタイル全体でみるとカナダ留学は31パーセントとトップクラスです。

バンクーバーやトロントを中心に滞在している人が多く、フランス語も学べるという意味ではモントリオールあたりも人気です。基本的に治安もよく住みやすいという点で、中長期の留学もしやすいというメリットがあります。また、質のいい語学教育でアメリカと発音もそう変わらないというのがカナダへの留学の特徴ですが、ワーキングホリデーやインターンシップなど働くチャンスが多いという点が加味されて、多くの人がそれぞれの目的でスタイル選ぶことが可能です。

ワーキングホリデーでは学校に通える期間が合算で6か月と長めに設定をされているので、英語をしっかりと学びながら思う存分働くことができます。カナダへはワーキングホリデービザで行くことにより、語学学校で学ぶ学生としてインターンシップをすることも可能ですし、大学やカレッジで実習的学習としてインターンシップに力をいれているところも多くなっています。また、8か月以上在学し、コースを修了または卒業した場合は職種に関係なくカナダで3年働くことも可能です。

海外で働くことは、やはり就活の強みにもなるので、目的意識をはっきりとして、どのスタイルで行くのがいいのかをしっかりと考えることが重要になります。そして、移民大国ではありますが、ホストファミリーの選定も独自基準でおこない、インタビューや家庭訪問などで、厳選している学校も多いので白人系のホストでないからといって心配することもないようにサポートされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *