カナダに留学も選択肢の一つ

英語を話したい、仏語を話したいという理由でカナダを選択する学生がいます。

英語を話すためなら、アメリカもオーストラリア、イギリスなど英語圏の国はたくさんあります。留学は自分を変えるだけでなく、将来のためになる事ならば歓迎します。カナダは英語だけでなく、フランス語を主とする都市もあります。目的は語学力を上げるだけでなく、ホームステイをするならば日本国内よりも自分を鍛えたい願望があれば海外も選択肢として残っています。留学は学生の間しかできないイベントといわれますが、大人になった後も資金が溜まった段階で出来るようになります。

理由はたくさんありますが、カナダの方が落ち着いて勉強できる、治安もまずまず良いと言われています。英会話は国内で学んでもなかなか身につきにくいと言われています。留学という手段を利用して、語学力を身につけるチャンスでもあります。英語は世界共通の言語と言われていますが、国力が豊富な方が学ぶ環境は整っています。アメリカ、イギリス、オーストラリアからも逆に日本留学する人もいます。

その先生から授業を受けて語学力を上げる方法はありますが、現地の言葉を聴いて話せるようになった方が自信になります。カナダでも学習できる環境が整っていますが、留学は遊ぶのが目的ではないです。勉強が本来の目的で、話しながら学ぶのは自信になりますし、将来教師になる場合は良い訓練です。翻訳の仕事をする人にとっては貴重な経験です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *