留学する時には語学力が必要

留学する時は、ある程度の語学力が必要です。

外国に行ってから英語を学ぶことになるのですが、ある程度英語を使えないといろいろと不自由な面が出てきます。特に不自由なのは学校の授業です。大学や語学学校の授業は英語で行われます。その英語が理解できないと、授業が分からないので苦労することになります。留学前にある程度の英語力を身に付けるようにしましょう。たとえ片言の言葉であっても自分の意志を伝えられて、相手の言う言葉を6割程度は理解できる能力です。

英語の能力はできるだけ高い方が好ましいのですが、日本国内でできることは限られています。完璧な英語力は留学してから身に付ければ良いので、その前に英語でコミュニケーションする能力を獲得しておく必要があります。まったく英語力がないのに留学したらどうなるでしょうか。その場合でもなんとかなる可能性はあります。大学に入学するのは不可能ですが、語学学校には基礎的な英語を教えるクラスがあります。

そこで一生懸命に勉強すれば、現地でなんとか生活できる程度の英語力を身に付けられる可能性があります。英語が苦手な方にはこの方法はある程度お勧めです。日本国内にいたら、日本語に頼ってしまうので、英語を身に付けるのは難しい場合があります。外国に行ったら、どうしても英語を使わないといけないので、必然的に英語を身に付けられるようになります。このような場合には比較的日本人の数が多い国がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *