留学は焦って行くことはない

留学は焦って行くことはありません。

子供の頃の方が馴染みやすく、正しい発音が身に付きやすいというメリットがありますが、子供ややる気がなかったり、日本語がしっかりしていないので、日本語も外国語も半人前になってしまう可能性も高いです。子供は留学させればバイリンガルになると思っている人も多いですが、成功例は数%しかなく、大部分の子供は日本語も外国語も上手く使いこなせず、難しい文章が日本語でも外国語でも理解できず、学習障害を起こしてしまう可能性も高いのです。

とても優秀な子供以外は、まずは母国語をしっかりさせることが大切です。留学の効果は年齢よりも本人のやる気やすでに持っている外国語能力に比例します。年齢が高くても、外国語能力も高ければ、留学する意味は大いにあるのです。逆に若くても外国語ができないなら、もっと国内で上達してから留学するようにした方が良いです。学生だと、外国語の為に学業が崩壊してしまう可能性もあります。

また、若手だとキャリア形成をしなければならない大切な時期を逃してしまうことになりかねません。キャリア形成に一段落した後が、海外に行くのは最適な時期だと思われます。貯金もキャリアも外国語能力も十分にあるはずなので、帰国しても転職しやすいです。また、現地で仕事が見付かる可能性もあります。引退したような世代も再び学びたければ、チャレンジすると良いです。真剣にやる気があるなら、60代でも語学力は伸びます。興味があるなら、やってみると良いです。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *