長期休暇を利用して短期留学を

留学というと、高校や大学などで、何年間もみっちりと勉強するイメージがあるかもしれません。

しかし、実際には、ほんの1週間という短い期間でも、海外に留学することが可能です。語学力のアップはもちろん、海外生活の経験や異文化に触れグローバルな視野を持ちたいという場合に、短期留学を利用するはよいアイデアでしょう。春休みや夏休み、ゴールデンウィークや有給休暇などの長期休暇などを活用し、外国暮らしを経験している人はたくさんいます。

また、語学学校に通うだけでなく、ローカルのお宅でホームステイをしながらであれば、期間中、みっちりとその国の言葉や文化に触れることが可能になります。さらに、期間が限られているために、ホームシックになりにくく、集中力が途切れずに、効率よく学習できるのも魅力です。

また、ほんのわずかな期間で、世界中にコネクションができることもあるかもしれません。それから、短期間であれば、学生ビザを求めない国もたくさん存在します。学生ビザを取得するには、一般的に残高証明や健康診断などを求められます。

しかし、ビザなしで受け入れられるので、面倒な手続きをせずに、観光に行くような気分で、外国に勉強しに行くことが可能になるのです。費用の面でも負担が少なく、気楽に留学が実現できるのが魅力です。本格的に勉強をスタートする前に、少し体験しておきたいという場合にも、まずは短期留学を経験してみるのがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *