英語留学で選びたい土地

グローバル化が進行する世界において、日本の情勢だけに目を向けていれば経済も政治も成り立ちません。

少しでもワールドワイドな視野を持って自分の将来を築き上げたい場合、留学して世界で学ぶ事が大切です。他国で学習すれば日本の常識が世界の常識ではない事が分かりますし、逆に日本人である自分自身の特徴も考えられるようになるでしょう。特に日本社会の中は自身の限界を感じている場合、留学で異国に飛び出す事で将来の道が切り拓かれる事もあるのです。

日本人が足を運ぶスタンダードな留学先は英語圏です。アメリカやカナダ、そしてイギリスは日本人にとって馴染み深い文化のある国ですから、生活する上でもあまり不自由がありません。特にアメリカはハリウッド映画や音楽によって私達の生活に身近な国です。

英語圏に留学して英語を学べば学校の授業でも有利になるだけでなく、アメリカやイギリス以外の国の人達とも会話しやすくなるのが特徴的です。それほど英語はワールドワイドな言語なのです。英語圏に留学する場合、言葉の違いに注目してみましょう。同じ日本国内でも地域によって「訛り」があるように、アメリカ英語とイギリス英語はイントネーションや単語が異なるものです。

もしも将来自分自身がアメリカで働きたいなどの夢がある場合、アメリカに足を運んだ方が未来にとって必要な英語を身につけられます。またアメリカ国内でも地域によって訛りは異なりますので、どのような都市に行くか考えてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *