高校生で行く語学留学の醍醐味

近年では高校時代に語学留学をするケースが増えています。

留学期間は2週間の超短期のものから数ヶ月、1年単位のものまで様々です。滞在方法には寮やハウスシェアなどもありますが、やはり一番人気なのがホームステイです。現地の家庭の一員になって学べることは沢山あります。留学中に仲良くなったホストファミリーとは、帰国後も連絡を取り合ったり再会したりすることもあるとよく耳にします。

語学留学には高校生しか行けないと言った決まりなどは勿論存在しませんので、中学生や大学生、社会人になってから行く方もいます。ですが10代半ばで留学をすることは、他の年代で行くよりも学べることが多いのです。なぜなら、中学生ではやはり基礎語学力が心配ですし、社会人になってからでは自由が利く分、遊びに夢中になってしまうこともあり得ます。高校時代に経験しておくことで、大学など将来の大事な進路選択にも大きく影響します。語学留学をすることで得られるものは語学力だけではありません。

現地での生活様式や習慣・文化に加え、その地域の人々の日本や日本人に対するイメージや知識についても学ぶことが出来ます。そこで受けたインスピレーションを元に、そこから新たに学びたいことなどが見えてくるでしょう。ある程度の知識を身に付けた状態、未成年ということでそれなりに守られた環境、そして新しいことに対応できる柔軟さを持った10代半ばの高校生で行く語学留学だからこそ楽しめるものが沢山あるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *