オーストラリア留学と入国許可

オーストラリアは日本と同じアジア・オセアニア地域ということで、早くから外国語としての日本語教育が導入されるなどしていた事情もあって、日本から留学をするに当たっても他の国々よりは比較的ハードルが低いということができます。

それでも外国に違いはあまりせんので、もしも正式にオーストラリアへの留学が決定した場合には、事前準備を入念にしておくことが必要です。

たとえばパスポートや保険、航空チケット、クレジットカードなどはひととおり準備しておき、現地での滞在に対応できるようにしなければなりませんが、それ以上に重要なのが滞在許可の申請です。

オーストラリアに留学をする期間が3か月以上の場合はビザをあらかじめ取得しておくことが必要ですが、それよりも短い留学の場合であっても、電子入国許可を取得しておく必要があります。

この電子入国許可というのは聞き慣れない用語かもしれませんが、オーストラリアの場合は渡航する人のパスポート情報を電子的に管理するシステムが導入されており、入国する以前に政府移民局の関連サイトからインターネットを通じてオンライン申請をしておくことになっています。その際にはシステムの利用料がかかりますが、クレジットカードでの決済が可能ですので、その意味でも現地に留学する前にクレジットカードを用意しておく価値はあります。

なお許可が下りるまでに時間がかかることもありますので、できるだけ早めに手続きを済ませておくことも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *